手作りバッグの作り方で簡単にできる初心者向けのおすすめを紹介♪

手作り

手作りでバッグを作るには、ハリや糸で縫ったり、ミシンを使ったりしないとダメだと思っていませんか?

実は、ハンドメイド初心者でも簡単に作れる方法があるんです。

特別な道具をそろえる必要もありません。だから、誰だって、作り始めることができますよ。

まずは、今回、ご紹介する手作りバッグにチャレンジしてみてください。そして、ハンドメイドの面白さがわかると、どんどん、他の作品も作りたくなりますよ。

もちろん、子供と一緒に作るのも楽しいです。会話も盛り上がるし、いろんな大きさのバッグを作ってみましょう。

スポンサーリンク

手作りバッグの作り方で簡単にできる初心者向けのおすすめ

今回、ご紹介する手作りバッグで主に使うのはガムテープです。

普通は、ガムテープの利用法は何かを貼るときに使うモノだと思いますよね。実は素敵なバックができちゃうんです。

しかも、大きなものから小さなものまで。用途に合わせて自由自在に作れちゃうんですよ。布のガムテープで作るのでとても丈夫で多少の水にも強いです!

アイディア次第で、いろいろな用途があるので、ぜひ覚えて作ってみてくださいね。

ガムテープバッグを作るときに用意する材料と道具

【材料】

  • 好きな色の布製ガムテープ
  • 好きな大きさの箱(バックの型となります。最後に抜き取ります。)

【道具】

  • 工作マット(工作マットを使うのは、ガムテープのベタベタの部分を置いて使うことがあるので、テーブルを汚さないためです。100均ショップでも売っています)

たったのこれだけで、出来ちゃうんです。すごくないですか。

布テープは手で簡単に切れるのでハサミも必要ありません。逆にハサミを使ってしまうと、ベタベタ感が残りますので、私は手で切ることをお勧めします。

ガムテープバッグの作り方の簡単な手順

はじめに、バッグの取っ手を作りましょう。

1.箱の大きさにバックができ上がりますので、それを考慮して、長さを決めてください。

取手の部分+貼り付ける部分を考慮して長さを決めましょう。長さが決まったら、その長さ分にガムテープを切ります。

2.テープの幅の3分の1、上に折り上げます。ベタベタしているので折りにくいとは思いますが、真ん中から折っていくと比較的シワになりにくく綺麗に折れます。

3.反対にして、また3分の1、折り上げます。最終的にガムテープ幅の3分の1のガムテープの取手ができます。

これを2本、作りましょう。これで取手のでき上がりです。

次に、バッグの内側を作ります。

4.用意した箱を横にして、1周分のガムテープを切ります。

5.箱側にガムテープのツルツルの方、表側にベタベタの方にして1周巻いて、1センチほど重ねて貼ります。

この時、ガムテープの切れ目が、箱の角に来るように貼ると出来上がりが綺麗です。

6.5で巻きつけたガムテープを箱の1番下にずり下ろしてください。

そして、その上に、1センチほど重ねて、2段目を同じように貼ります。

7.箱の大きさに合わせて、何段か貼っていき、あと1段となったら、縁の部分を作ります。

手順4と同じようにガムテープを切ったら、取手を作った時と同じように、1センチほどガムテープを折り上げましょう。

8.7で作った1回、折ったテープを6と同じように箱の上のラインに沿って、折り曲げた方を上にして貼っていきます。折り曲げた部分がガムテープバッグの縁になるわけです。

この時、重なり部分は1センチほどにしておきましょう。

9.次に底の内側を作ります。

まず、底の中央に布テープを1本、同じようにベタベタの面を上に貼っていきます。両端は1センチほど残し、側面に折りつけます。

10.次に、9で貼った両隣を貼ります。

角は三角に畳んで側面に折り込みます。

これでバックの内側が完成です。

つづいて、バッグの表面の底を作ります。

11.今度は、バック表面にある粘着部分に対して、ベタベタ同士をくっつけるようにして貼っていきます。

まず、底の中心に布テープを貼ります。両端1センチほど残して真ん中に貼り、両端は折り上げます。

12.11で貼った両隣を貼ります。内側と同じように角は三角に折りたたみ、側面に倒します。(後に、その上をテープで貼っていきますのでくっついていなくても大丈夫です。)

これで底は完成です。

取手をつけましょう。

13.手順3で作った取手をバランスよく貼っていきます。

長すぎたらカットしてください。左右対象となるように貼りましょう。取手が捻れないように気をつけて貼ります。

貼る部分が短すぎると強度が弱くなるので気をつけましょう。

最後にバッグの表側を作ります。

14.底と同様に布テープの粘着面に対して、ベタベタ同士を合わせるように、テープを下から貼っていいきます。

内側と同じように張り合わせは角に来ると綺麗です。

15.最終段は、5ミリほど上の部分を開けて貼っていきましょう。

16.箱を抜き取ったら完成です。

ステキなバッグができました。

ガムテープバッグの作り方の注意ポイント

最初は、とっても作りにくく感じるかもしれません。特に、ベタベタとした面同士をくっつける時、1度つけてしまうと、剥がすことは大変、困難です。

慣れるまで何度か練習が必要です。ですから、最初から大きなものを作るのは大変ですので、小さなものから練習し、徐々に慣れていきましょう。

また、横のラインをまっすぐ水平に貼ることを心がけるところもポイントです。

ガムテープバッグの楽しみ方

ガムテープって普段は茶色のテープを使用することがほとんですよね。ところが、大きな文具店に行くと、とても色が豊富に揃っています。

なので、カラフルなバックもたくさん作れちゃうんですよ。さらに、色の組み合わせによって何通りものバックが出来ちゃいますので、個性豊かなバックが作ることができます。

ストライプにしたり、チェック柄、また、丸く切ったものを貼って水玉模様にしたりと、布のガムテープの色は、豊富に揃っているのでいろいろな模様ができるから楽しいです。

さらに、型になる箱しだいで小さなバックもできますので、お菓子などを入れてプレゼントしても喜ばれますよ。

また、お子さんが使うのであれば、お気にいりのシールやステッカーを貼ってあげたり、お名前を入れてあげたりするのもいいですね。

まとめ

今回は、初心者でも簡単にできるガムテープを使った手作りバッグの作り方をご紹介しました。

針やミシンといった道具を使わなくても、ガムテープを貼り付けていくだけですから、子供でも作れます。

そして、ガムテープには色んな色がありますから、あなたのデザインしだいでオリジナルのバッグができるんです。想像するだけでも楽しくなってきますよね。

さらに、いろいろなサイズのものが作れるため、用途によって作り分けることも可能です。ぜひ、素敵なアイディアで個性豊かなバックを作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました