ハンドメイドアクセサリーの作り方!初心者でも簡単に楽しめます♪

手作り

アクセサリーで印象が変わります。さらに、お気に入りのアクセを身につけるだけで、その日の気分も変わるので、重要なアイテムです。

ですから、いろんな種類を持っていたいと思いますよね。

そんな方におすすめなのが、手作りで自分好みのアクセサリーを作ることです。

そこで、初心者向けに基本が学べる方法や子供でもできるほど簡単なハンドメイドアクセサリーの作り方をまとめました。

気になった方法を選んでチャレンジしてみてください。「それ、どこで買ったの?」な~んて聞かれたら、最高ですよ。

スポンサーリンク

ビーズのアクセサリー

ビーズブレスレット

テグスやゴム、ワイヤーなどにビーズを通すだけでもブレスレットは作れます。子供でもできるので、この作り方も人気です。

ですが、今回、ご紹介しているのは、ビーズと9ピンを使っています。ビーズアクセサリーの基本的な作り方なので、ブレスレット以外にもピアスやネックレスなどにも応用できるんです。

やり方は簡単で、9ピンにビーズを通して輪を作ります。そうすると、ビーズの両側に輪ができて、つなげられるようになります。

あとは、作りたいアクセサリーの長さ分だけ、パーツを作るだけです。

ビーズと9ピンを使うと、おしゃれ度が上がるので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

▼関連記事▼
ビーズと9ピンの使い方!ブレスレットの作り方で楽しく学ぼう♪

ビーズ刺繍のヘアアクセサリー

ビーズをゴムに通すだけでもヘアアクセサリーは作れます。もうちょっと、おしゃれなヘアアクセが欲しい方におすすめなのがビーズ刺繍です。

ビーズを使って刺繍をするので、いろんなデザインのヘアアクセサリーが作れます。花柄や幾何学模様、動物など慣れてくれば、あなた好みのデザインが自由自在です。

デザインだけでなく、ビーズの色や大きさ、材質などを変えるだけでも印象が変わります。さらに、ビジューを使うとエレガントなヘアアクセが作れちゃうんです。

▼関連記事▼
ビーズ刺繍でヘアアクセサリーの作り方!ビジューでおしゃれ増し増し

ミサンガのアクセサリー

ミサンガブレスレット

ミサンガは、色んな編み方があります。糸の片側をセロテープなどで固定するだけでも簡単に編めるんです。

他にも、組紐のように編む方法があります。組紐といえば、新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』で注目が集まりました。

この方法は、編み方を覚えてしまえば、子供でも作れます。なので、親子で一緒にミサンガ作って楽しむことができますよ。

▼関連記事▼
ミサンガの作り方で簡単に子供もできる編み方!かわいいから大人気♪

シーグラスのアクセサリー

シーグラスブレスレット

海に行くと、落ちているシーグラス。ビーチグラスとも呼ばれています。シーグラスには、いろんな色があるので、アクセサリーにしたくなる材料のひとつです。

また、近くに海がなければ、シーグラスを拾ったことも思い出だから、アクセサリーにすれば、より楽しめます。

小さなシーグラスを拾ってきたので、ブレスレットを作ってみました。シーグラスに穴を開けられるようになれば、ピアスやイヤリングなどもできます。

▼関連記事▼
シーグラスブレスレットの作り方!穴開けに挑戦しキレイにできた♪

レジンのアクセサリー

レジンを使ったネームプレート

100均でも簡単に材料が手に入るので、レジンを使った手作りアクセサリーが人気です。

レジン液を型に流し込んで固めるだけですから、子供でも作れます。型を変えれば、どんなデザインでも作れてしまうんです。

また、中に入れるパーツしだいでも、印象がガラリと変わります。だから、作っていて面白いし、楽しいですよ。

今回は、ラインストーンを使って、キラキラするネームプレートを作ってみました。

▼関連記事▼
レジンでネームプレートの作り方!キラキラする名前入りがかわいい♪

まとめ

初心者でも簡単にできるハンドメイドのアクセサリーの作り方をまとめて、ご紹介しました。

今まで、「ハンドメイドって難しそう?」と思っていた方にこそ、挑戦してほしい方法です。実際にやってみると、「なんで、早く作らなかったのだろう」と思うでしょうね。

ぜひ、あなただけのお気に入りのオリジナルアクセサリーを作ってみてください。毎日、出かけるのが楽しくてしかたがなくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました