羊毛フェルトの丸め方!アレンジでかわいいアクセサリーができるよ♪

手作り

今、大人気のハンドメイド作品。

手作りのぬくもりや優しさに癒される人も多いのではないでしょうか?

そう思っても、自分で作りたくても時間がないし、何を作ってみたらよいのか分からない、材料も揃えなきゃ・・・とお悩みの方も多いと思います。

今日は、そんな悩みを一気に解決できる羊毛を使った簡単なハンドメイドをご紹介します。

まず、はじめにマスターしておきたいのが基本となる羊毛フェルトの丸め方です。

一緒に、ほっこり可愛い羊毛フェルトボールを作りましょう。基本の丸め方を覚えれば、アレンジすることで、かわいいアクセサリーやクマができちゃうんですよ。

羊毛フェルトの楽しさが伝わればうれしいです。

★他にもおすすめのハンドメイドアクセサリーがありますよ。★
ハンドメイドアクセサリーの作り方!初心者でも簡単に楽しめます♪

スポンサーリンク

羊毛フェルトの丸め方を覚えて楽しもう

羊毛フェルトを楽しむためには、何を揃えたらいいか・・・。

まずは、準備するものからみていきましょう。

羊毛フェルトボールを作るときに用意するもの

【材料】

  • 羊毛

【道具】

  • ニードル(専用針)
  • スポンジマット

材料も道具も手芸屋さんで揃います。

でも、私のオススメは100円均一。まずは、お手軽に揃う100均ショップで購入して練習してみましょう。

初心者用の専用キットもダイソーなどで揃えることができますよ。

ニードルという専用針は針の先がざらざらとしていて、コレが羊毛の繊維を絡める役目をしているんです。チクチクすればするほど、きめの細かい質感になります。

スポンジマットも専用のものがおすすめ。ほどよい弾力や硬さがあるので、針が沈み込み過ぎず作りやすいからです。

それでは、準備できたら、さっそく作り方をみていきましょう。

羊毛フェルトの丸め方の手順

羊毛フェルトを楽しむために、基本中の基本である羊毛フェルトボールの作り方です。

1.まずは羊毛をちぎって手に取ります。

2.手前から少し丸めて針を刺します。

3.そして、まわりを巻き込み、また針を刺し、また丸めます。

4.時には、手のひらでお団子を丸めるように撫でたりして、また刺してください。(毛羽立ちが気になるときは、指で撫でながら刺すと落ち着いてきます)

これをくり返し、チクチクチク・・・、すると、だんだんと大きな玉になっていきます。

これで、完成!

5.私は、この作業で、色んな色やサイズで作り置きしておきます。

単色だけではなく、他の色を巻き付けて刺すことでマーブル模様も作れちゃいます。

ちょっとしたことですが、可愛いくないですか?

羊毛フェルトの丸め方の注意点

ニードルは指に刺さると痛いです。当たり前ですけどね。なので、よそ見はしないで下さいね。

でも、細かな作業を繰り返すので、気が散ってしまうこともあるかもしれません。

手芸用の指サックや、必ず爪を上に向けるように刺すようにして指先を守ることで、作業に慣れていくと目を離してもできるようになりますよ。

手芸店に行けば、針先が複数のニードルも購入できます。針先が複数のニードルがあれば作業の効率が上がりますから時短につながるんです。

羊毛フェルトボールをアレンジしてかわいいアクセサリー作り

羊毛フェルトを丸めてボールを作っておけば、いろいろとアレンジが可能です。

たとえば、羊毛フェルトボールをバレッタやブローチの台に張り付けると・・・

こんなに簡単にオリジナルアクセサリーが出来ちゃいます。

今度は、羊毛フェルトボールに小さいサイズの羊毛フェルトボールをくっ付けてみましょう。

耳の取り付けは、つなぎ目を両側からチクチクします。

かわいいクマの完成です。

羊毛フェルトの丸め方のまとめ

今回は、羊毛を使ったハンドメイドを楽しむために、基本となる羊毛フェルトの丸め方をご紹介しました。

こんなに簡単に出来てしまう羊毛フェルト・・・、きっと驚かれた方も多いのではないでしょうか?

寒い時期は特に、このふわふわとした感触と温かさに癒されますよ。少しの空き時間でも作れますし、場所を取らないので片付けも簡単です。

羊毛フェルトの丸め方をマスターしたら、さらに、様々な形を作ってアレンジして楽しんでくださいね。

まずは、羊毛フェルトボールにチャレンジしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました