ビーズ刺繍でヘアアクセサリーの作り方!ビジューでおしゃれ増し増し

手作り

女性は髪の毛が伸びてくると、ヘアアクセサリーが必須となりますね。

アクセサリー売り場にはキラキラと輝く素敵なものがたくさん並んでますが、色々な種類が欲しいと思っても、結構なお値段でなかなか踏み切れなかったりするものです。

そこで、今回はビーズを使ったヘアアクセサリーの作り方をご紹介します。自分の好みの色や素材でたくさん作れますので、毎日、違ったお洒落ができますよ♪

★他にもおすすめのハンドメイドアクセサリーがありますよ。★
ハンドメイドアクセサリーの作り方!初心者でも簡単に楽しめます♪

スポンサーリンク

ビーズ刺繍でヘアアクセサリーの作り方!

ハンドメイドブームはずっと続いておりますので、パーツ専門店があるほど、ビーズの種類はたくさんあります。

小さなビーズから大きなビーズ、パールやウッドタイプ、それにキラキラと輝く、スワロフスキー・クリスタルなどを利用すると、とってもゴージャスなアクセサリーになります。

普通の丸いビーズだけでなく、竹ビーズを利用しても良いですし、自分のお気に入りの天然石やビジューなどを入れても良いですよ。

パーツ屋さんに行くと、本当に色々な種類のパーツが売っておりますので、お好みのものをぜひチョイスしてみてくださいね。穴が開いていて、縫い付けられそうなものでしたらどんなものでもかまいません。

ビーズ刺繍でヘアアクセサリーを作る材料と道具

【材料】

  • お好きなビーズ類
  • 針・糸(選んだビーズに合わせて、ビーズ用の細い糸と針や、普通布の針糸でもかまいません)
  • ヘアゴム(結びなし)
  • ヘアゴム金具
  • 厚地フェルト
  • 普通のフェルト

【道具】

  • ハサミ
  • ペンチ
  • 洗濯バサミ
  • 木工用ボンド
  • 接着剤(今回はセメダインを使いました)

ビーズ刺繍でヘアアクセサリーを作る手順

1.普通のフェルトを作りたいアクセサリーよりも少し大きめのサイズにカットします。丸でも四角でもかまいません。

今回は、4センチほどの大きさを作りたかったので、7センチ四方の正方形にカットしました。

2.真ん中にビジューを縫い付けます。(パーツはなんでも大丈夫です。大きめのパールやビーズなど、あなたのお好きなものを選んでください。今回はビジューを利用しました。)

玉留めした糸をつけた針をフェルトの下から出します。そして、ビジューの穴から穴へ針を通し、フェルトに刺します。

3.同様にして、もう一つの穴から穴へ刺して、ビジューをフェルトに縫い付けます。二回りして、丈夫にビジューを縫い止めてください。

4.次に、そのビジューの周りにビーズを縫い付けていきます。

今回は、ビジューの周りに縦にビーズを縫い付けたかったので、ビジューのすぐ横から針を出し、ビーズを通したら、ビーズの幅分、外側に針を落とします。

これも丈夫にするために、2回ビーズに針を通して縫い止めていくと良いでしょう。それをビジューの周り、1周します。

5.次に2段目を縫い付けます。今回はパールを刺します。

今度はビジューに対して横に向かって刺していきます。フェルトの下から針を出し、パールを刺して、パールの幅分、横に針を出します。

この時に、1段目から離れすぎないように気をつけましょう。

6.もう一度、最初に刺したところに針を出し、パールを通します。

2つ目のパールを針に通し、パールの幅分先に、針を落とします。

7.1つ目のパールと2つ目のパールの間、内側に針を出し、2つ目のパールを通します。

そして、3つ目のパールを刺し、以降、その繰り返しで縫い付けていきます。1つのパールに2回、糸が通ることになります。

8.こうして、好きな段数を縫い付けたら、最後の段の外側にそって、フェルトをカットします。

こちらは、フェルトの裏側です。

9.厚地フェルトを同じ大きさにカットします。

カットした厚地フェルトの裏にボンドを塗ります。

塗り終わったら、厚地フェルトとビーズ刺繍した普通のフェルトを張りつけ、洗濯バサミで固定し乾かします。

10.ゴム金具にヘアゴムを挟みます。

そして、金具をペンチで縮めて固定してください。金具を傷つけないように注意しましょう。

最後に上からも押さえておくとしっかりと固定します。

11.最後に接着剤でゴム金具を裏に貼り付けます。

乾いたら完成です♪

さっそく、付けてみました。どうでしょうか?

ビーズ刺繍を綺麗にする方法

きれいに縫うポイントは、次の3つです。

  • ビーズとビーズの隙間をあけないようにすること
  • できるだけ糸が目立たないように縫うこと
  • 綺麗な円になるように縫うこと

ビーズの大きさは、小さい、大きいを繰り返すと良いバランスで作れますよ。

色も、同系色だけで作ると、とてもおしゃれですが、違う色で作るときは、濃い色と薄い色が交互になるように配色すると良いでしょう。

もちろん、人それぞれの個性ですので、もし、迷われた時は参考になさってみてください。

▼関連記事▼
ビーズと9ピンを使うとブレスレットやネックレス、ピアスなどが手作りできるようになります。
ビーズと9ピンの使い方!ブレスレットの作り方で楽しく学ぼう♪

まとめ

今回は、ビーズ刺繍でヘアアクセサリーを作る手順をご紹介しました。

工程は長いようですが、ビーズを縫うコツさえ掴んでしまえば、小1時間もかからずに完成できるようになれますよ。はじめは、丁寧に時間をかけて作ってみましょう。

使う材料によって、まったくイメージの違う作品ができます。今回、私は真ん中にビジューを使ってみました。

ぜひ、自分だけのオリジナル作品を作ってみてください。毎日、お出かけするのが楽しくなりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました