山本ゆりのポトフの作り方!卵と麺つゆの和風アレンジが斬新でおいしい

料理

麺つゆは、麺類以外の料理にも使える万能調味料のひとつです。洋風の料理を和風にアレンジしたいときにも使えます。

本日は、便利な調味料・麺つゆを使った山本ゆりさんレシピの和風ポトフを作ってみたのでご紹介します。

ポーチドエッグ風の卵と、しみしみの大きめ野菜の組み合わせが、とっても美味しいですよ。

ぜひ、山本ゆりさんのレシピを参考にして作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

山本ゆりのポトフは卵と麺つゆの和風アレンジレシピ

特殊な材料を用意しないとダメな料理は、チャレンジするのにハードルが高いです。

その点、山本ゆりさんの和風ポトフは、普段から家にあるような食材で作れるレシピになっています。

しかも、フランスの家庭料理・ポトフを麺つゆを使って和風にアレンジしているんです。和風に変えるだけで、食べたときのイメージが違うので、おもしろいですよね。

まずは、準備するものからみていきましょう。

山本ゆりのポトフで用意するもの

【材料】(3人分)

  • じゃがいも 3個(中)
  • にんじん 1本(中)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ウインナー 4本
  • 卵 3個

【調味料】

  • コンソメスープの素(粉末) 大さじ1(※)
  • 麺つゆ(2倍濃縮) 大さじ1.5(※)
  • 酒 大さじ3くらい(※)
  • 水 900ml(※)
  • 塩コショウ 少々

山本ゆりさんのレシピではブロッコリーが入っています。ただ、今回なかったので使いませんでした。

野菜類は、家にあるもので代用してもらっても構いません。玉ねぎは、山本ゆりさんのレシピでは入っていませんが、甘みが出て美味しいですよね。

冷蔵庫の掃除も兼ねて、余っているキャベツやキノコ類など入れるのもオススメです。

それでは準備ができたら、さっそく調理していきましょう。

山本ゆりのポトフの作り方

1.じゃがいもは皮を剥いて、半分に切ります。

じゃがいもが大きめだったら、四等分でも構いません。好みの大きさに切って下さいね。

2.人参も皮を剥き、好みの大きさに切って下さい。

ポトフなので、結構大きめに切りました。大きめに切った野菜のごろっと感が、美味しいですよね。

3.玉ねぎも大きめの半月切りにします。

4.鍋に※の調味料(コンソメスープの素・麺つゆ・酒)と水を合わせて、切った野菜とウインナーを入れます。

5.じゃがいも、人参がやわらかくなるまで煮て、塩コショウで味を整えてください。

6.卵を落として、半熟になるくらい煮たら完成です。

卵が崩れないように気をつけながら、器によそってくださいね。

山本ゆりさんのレシピでは、出来上がりに粉チーズをかけています。コンソメベースのスープに合いそうですよね(o^_^o)

今回は粉チーズが無かったので、ドライパセリをかけました。

山本ゆりのポトフレシピの感想

作る前は、「ポトフに麺つゆ?」と思いましたが、まったく違和感なく、ほっこりする美味しさです。

麺つゆが入っているから、卵もまた合うのかなぁなんて思いました。

本日、作った和風ポトフに合わせたのは牛丼。

和風ポトフだからアリですよね(笑)

主人は「ポトフに卵が入ってるの、初めて見た(笑)」と言ってました。そして、いつものポトフの味と違うこともすぐ気づいてくれて、うれしかったです。

普段、野菜はあんまり食べてくれない息子ですが、卵を崩しながらスープはたくさん飲んでくれましたよ。

まとめ

今回は、麺つゆを使った山本ゆりさんレシピの和風ポトフの作り方をご紹介しました。

麺つゆを入れる以外は、いつものポトフの作り方とほぼ変わらないので簡単ですね。

卵を入れるのが斬新だなぁと思いました。でも、出来上がりがグッとおしゃれ感が増すなぁという印象です。

ぜひ、作ってみて、ご家族の反応を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました