山本ゆりの塩肉じゃがを作ってみた!レンジで簡単に作れて超おいしい

料理

コンロを使いたくないような暑い日や料理する時間がないってときに役立つのが電子レンジ。子育て中の主婦にとってレンチンで作れるレシピは最高ですよね。

本日は、山本ゆりさんの塩肉じゃがレシピを作ってみました。

材料を切って、調味料を合わせて、レンジでチンするだけの超時短料理ですよ。山本ゆりさんの塩肉じゃがは簡単にできて、おいしいので、おすすめします。

作り方をご紹介しているので、ぜひ、参考にして作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

山本ゆりの塩肉じゃがはレンジで簡単!

今回、作った塩肉じゃがは冷蔵庫にある鉄板食材だけで、作れるから助かります。おまけに、切って混ぜてチンするだけという忙しい主婦にとって救世主のような料理。

材料も、普通の醤油ベースの肉じゃがより少な目です。

まずは、準備するものからみていきましょう。

山本ゆりの塩肉じゃがで用意するもの

【材料】(3人分)

  • じゃがいも 3個(中)
  • 豚バラ肉 150gくらい
  • 玉ねぎ 1/2個

【調味料】

  • 鶏ガラスープの素 小さじ3弱(※)
  • みりん 小さじ2弱(※)
  • 水 大さじ6(※)
  • 塩コショウ 少々(※)
  • あれば黒こしょう 少々

それでは準備ができたら、さっそく調理していきましょう。

山本ゆりの塩肉じゃがレシピの作り方

1.じゃがいもの皮を剥いて、小さめの一口サイズに切ります。

切ったら、じゃがいもは水にさらしてくださいね。

アクをとったら、耐熱皿に入れておいてください。

2.つづいて、玉ねぎは薄切りにします。

薄切りにした玉ねぎを、じゃがいもの上に広げて乗せてください。

3.豚バラ肉は3cm幅くらいに切ります。

切った豚バラ肉は玉ねぎの上に乗せてください。

4.そして、※の調味料(鶏がらスープの素、みりん、塩コショウ)と水を合わせて、材料に回しかけます。

5.ふんわりとラップをかけて、電子レンジ600Wで8~10分チンしたら出来上がりです♪

↓加熱後↓

じゃがいもが半生っぽい感じなら、レンチンの時間を調整してみてください。

器を移して(耐熱皿が小さめなので)、かき混ぜながら味を馴染ませました。

お好みで黒こしょうをパパッとふりかけて完成です♪

仕上げにごま油をたらしたり、熱したあとバターを絡めると、とっても美味しいと山本ゆりさんのワンポイントアドバイスがありました。

バターは味の想像がつきますが、ごま油は意外な組み合わせなので、次回はチャレンジしようと思います。

他にも、おすすめの組み合わせがあったら、教えてくださいね。

山本ゆりの塩肉じゃがの感想

山本ゆりさんの塩肉じゃがはメイン料理にしてもいいですし、小鉢などに取り分けて、副菜として出してもいいですね。

今夜はホッケも焼いて、和風な晩ごはんにしてみました。

山本ゆりさんの塩肉じゃがは、レンチンしてから一旦、冷ますと、味が染みてより美味しくなります。

主人に電子レンジで調理したことを話すと、ビックリしてました。

そして、「あっさりして美味しい!」と、モリモリ食べてくれましたよ(o^_^o)

こんなに手軽に作れるのに、家族が喜んでくれたから、メチャメチャうれしいです♪

とっても簡単で、15分もあれば出来上がる塩肉じゃが。 あと、もう一品欲しいなぁというとき、特別に珍しい材料も必要ないので、手軽に作れるのが助かりますよね。

★あわせてよみたい★
山本ゆりのツナじゃがを作ってみた!レンジで簡単だから朝食でも大活躍

まとめ

本日は、山本ゆりさんの塩肉じゃがレシピを作ってみました。

レンジで作ったとは思えないほど、味も染みてホクホクです(^▽^)

レンチンするだけで完成するから、いざというときに、とても役立ちますよ。パパっとできる割に、おいしいから、煮込む作り方から卒業してしまいそうです。

あなたも、肉じゃがを作ろと思ったときに、ぜひ、試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました