折り紙リースを6枚で作る折り方!簡単なので子供と折って飾ろう♪

手作り

子供と遊ぶとき、いろんな色を使って好きな遊びができる折り紙は、とても重宝します。

折り紙は、貼ったり、切ったり、折ったりと、工作がたくさん作れる魔法の紙です。鶴を折ったり、アンパンマンなども定番かと思います。

今回、ご紹介するのは、折り紙で作るリースです。6枚を使って折る手順を画像を使って、解説しました。

折り紙6枚でパーツを作って合体させるときには、小さいお子さんも大喜びしますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

★他にも、お子さんと一緒に作れる折り紙がありますよ★
折り紙で子供が喜ぶ折り方まとめ!簡単なので夢中で遊んでくれたよ♪

スポンサーリンク

折り紙リースを6枚で作る折り方を紹介

リースと言えば、クリスマスを思い出すかもしれません。ですが、色を変えたり、飾りをつけるだけでハロウィンやひなまつり、そして、お誕生日会など様々なイベントで大活躍しますよ。

もちろん、イベントに関係なく、お子さんの好きな色で作っても楽しいです。

折り紙リースを6枚で作るときに用意するもの

【材料】

  • 折り紙6枚(リース一つに対して、折り紙が6枚必要です)

【道具】

  • のり(貼るときに使います)

折り紙リースの折り方で6枚使う手順

1.正方形の折り紙を6枚準備します。

2.半分に折り目を入れます。

3.写真のようにオレンジの印に合わせて折ります。さきほど折った線に左側の角を合わせ、右の印も折り紙の角を折った線に合わせてください。

4.折り紙を裏返します。

5.手順3で折ったラインに合わせて折ります。

裏はこのような状態です。

6.手順5の向きにもどし、二等辺三角形の形になるように折ります。

裏はこのような状態です。

7.今度は、裏で折った二等辺三角形ラインに合わせて手前を折って、折り目をつけます。

8.このように、折り目ができました。

9.手順7でつけた折り目にあわせて、写真のように折ります。

10.つづいて、手順7で付けた折り目で折るとリースのパーツがひとつ完成です。

11.手順1から10までをおこなって、六角リースのパーツを6個そろえます。

折り紙リースのパーツ6枚の組み合わせ方

1.作ったパーツを写真のように裏返して、隙間に重ねていきます。

2.このように、6枚すべてを重ね合わせると六角形のリースになりました。

3.6枚のパーツが外れないように固定したいので、裏で糊付けします。

折り紙を6枚使った六角形のリースの完成です。

パーツを折っているときも楽しんでくれましたが、組み合わせてリースができたときは目がキラキラしていました。こんな風になるとは想像していなかったんでしょうね。

折り紙リースのアレンジ方法

折り紙の色を変えるだけで、印象が変わります。

先ほどと違う色で作りました。

このように飾り付けをつけるのも楽しいですよ。

赤と緑の折り紙を使えばクリスマスリースになるし、黒やオレンジの折り紙を使えばハロウィンリースにもなります。さらに、星やかぼちゃなどを飾り付ければ、より盛り上がるでしょう。

また、折り紙のサイズを変えると、バリエーションが増えておもしろいですよ。

子供の自由な発想で、いろんなイベントに使えるリースを作ってみてくださいね。

今回、子供と一緒に作ってみましたが、きちんと角を合わせることに時間がかかりました。でも、ひとつのパーツができると、コツをつかんだようで、好きな色を選んで作ってくれました。

可愛く飾りも付けたので、自分の部屋に飾るそうです。

▼関連記事▼
こちらの折り紙で作るサンタクロースと六角リースを組み合わせれば、可愛いクリスマスリースになりますよ。
折り紙でサンタのかわいい簡単な折り方!子供とカラフルに飾ろう♪

リースと一緒に飾れる小物をご紹介しています。
折り紙で星を簡単に子供もできる作り方!ぷっくり立体でかわいいよ♪

まとめ

折り紙6枚を使ったリースの折り方をご紹介しました。

折り紙の色を変えれば、いろんなイベントに使えます。大きさを変えても、おもしろいですよ。

市販品では味わえない手作り感が、ほっこりして、かわいいリースができます。クリスマスやハロウィン、お誕生日会など、手作りリースで飾り付けを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました