ダイソー角型花台キャスターを簡単DIYしただけで掃除が楽になった

100均

私は、100均グッズが好きなアラサーの新米専業主婦です。100円ショップを見て回りながら、何かに使えないか考えるだけでも楽しくなってきます。

今回は、DIYでダイソーの角型花台キャスターを園芸とは違う目的で使えるように変えてみました。想像以上に快適になったので、その使い方をご紹介します。

あなたのダイソーライフの参考になれば、うれしいです。

★他にもダイソーには、おすすめグッズがありますよ。★
ダイソーのおすすめ商品!使ってみたら便利で生活が快適になった♪

スポンサーリンク

ダイソー角型花台キャスターを使った簡単DIYのおすすめ

今回、ダイソーの「角型花台キャスター付」を使って工具なしでもできる簡単DIYにチャレンジしてみました。一個、200円です。

ダイソー角型花台キャスターを使う前の悩み

私がDIYにチャレンジ前に悩んでいたことは、掃除機をかけるときに、キッチンにあるゴミ箱を移動するのが大変だということです。

燃えるゴミ用、缶・ビン用、ペットボトル用などと仕分けしないといけません。だから、我が家では、35Lのゴミ箱と2段(上13L/下15L)のゴミ箱を使用していました。

ところが、掃除機をかけるたびに、ひとつひとつのゴミ箱を移動するのが面倒くさく、一度に移動できればいいのになぁと思っていました。

ダイソーの「角型花台キャスター」を手に取ったときに思いついたことは、このキャスターを生かせば、ゴミ箱の移動も楽になるはずということです。ただし、サイズが小さいので、このままでは使えないなと思い、どうしようか悩みました。

ダイソーの店内を眺めているうちに、すのこを見つけたので、すのこと組み合わせて土台を大きくする方法を思いついたのです。これならば一度に移動できるようになるのではないかとウキウキした気分になりました。

ダイソーの「角型花台キャスター」を購入した決め手は、キャスターのコロコロがスムーズに動くからです。

特にひっかかりもなくスムーズに動くことは、使ううえでとても重要になりますからね。また、植木鉢用なだけあって最大重量20kgと書いてあり、丈夫だと思ったので購入を決めました。

さらに、土台を大きくするためにすのこと組み合わせるので、2個購入しました。

ダイソー角型花台キャスターとすのこを組み合わせた感想

ダイソーの「角型花台キャスター」を使ってみた感想は、やはりキャスターがスムーズに動くので変なひっかかりもなく、とても使いやすいということです。

すのこと組み合わせて土台を大きくしたことで、ゴミ箱も一度に動かせるようになり、掃除機をかけるときも楽になりました。

ちなみに、すのこと角型花台キャスターは、もともと家にあった結束バンド(これも100均グッズです)を利用してくっつけたので、不器用な私でも工具いらずで、とても簡単につくれちゃったのです。

ダイソーの「角型花台キャスター」を使って、うれしかったのは、他のものにも応用できたことです。

実家も我が家も田舎にあるので、実家で作っている米を米袋にはいったままもらってくるのですが、毎回、20kgほどもらってきます。

そして、米袋のまま保管していますが、米を使うときに役立つのがこのキャスターです。重たい米袋を乗せていてもスイスイ動いてくれます。

2年前に引っ越してからキッチンが広くなりゴミ箱も変えたので、ゴミ箱用につくり直した角型花台キャスターは現在は使っていないのですが、米用は現在も現役です。

4年ほど使っていますが、まったく壊れる気配もなくコスパもいいと感じました。

ダイソーの「角型花台キャスター」は、本来の目的以外にも、今回のようにゴミ箱や米などを置いて使うこともできます。私は土台がより安定するようにすのこをつけていますが、物によってはなくても使える使用方法があるでしょうね。

ダイソーの角型花台キャスターを使ってみて不満点はありません。でも、100均グッズなので、やはり1個100円だったらもっとうれしかったと思います(笑)

まぁ、キャスターの動きもスムーズですし、作りも丈夫なので、長い目で見てもコスパはいいです。

あと、色が茶色と白しかないので、黒もあればよかったなぁと思います。持っていた結束バンドが黒だったので、色をあわせたかったからです。

ダイソー角型花台キャスターをおすすめしたい方

ガーデニングが好きで植木鉢を置きたい方には、もちろんおすすめです。そして、植木鉢以外にも工夫次第で応用できます。

私のように掃除機をかけやすくしたかったり、家にあるもので、これがキャスター付きだったらいいのになと思うものがある方には本当におすすめできる商品です。

キャスターを付けるのは、「ちょっと無理っ」という方でもキャスター付きですから、ドライバーなど工具すら必要ありません。

200円なだけあり作りも丈夫なので、室内で使用しているぶんには劣化もなく長く使えますし、コストパフォーマンスもいいです。

角型花台キャスターを使ってみたい方、気になっている方は、まず、ダイソーで現物を見てみてください。園芸をしない方でも、工夫次第では、玄関で、クローゼットで、リビングで、キッチンで、家の色々な場面で使えると思います。

私のように不器用な方やDIYをしたことのない方でも、すのこと組み合わせるくらいなら結束バンドを使えば簡単にできますよ。

少しの工夫で生活が楽になる、とても価値のある商品だと思うので、ぜひ使ってみてくださいね。

まとめ

ダイソーの角型花台キャスターを本来の目的ではない使い方をご紹介しました。

同じダイソーのすのこと組み合わせることで、家にあるモノをスムーズに動かしています。DIYといっても工具を使わない簡単な方法です。

ですから、気軽にチャレンジしてみてください。手軽に重たいモノを移動させられるなんて、ホント気持ちイイですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました