山本ゆりのトマト缶と鶏肉で鍋の作り方!チーズとの相性がバツグン♪

料理
スポンサーリンク

山本ゆりのトマト缶と鶏肉で鍋の作り方

1.鶏もも肉を一口サイズに切って、塩コショウしておきます。

2.玉ねぎは薄切りにします。

3.キャベツはざく切りに。

手でちぎっても大丈夫ですよ。

4.しめじは石づきを切り落として、ほぐしておきます。

5.オリーブオイルをひいて、中火で熱したフライパンに鶏もも肉を入れます。

焼き目が付いてきたら裏返してくださいね。

後で煮込むので、ここでしっかり火を通さなくても大丈夫です。

6.次に、玉ねぎとしめじを入れます。

玉ねぎがしんなりするまで炒めてください。

7.材料に火が通ったら、※の調味料(トマト缶、水、ウスターソース、砂糖、コンソメスープの素)を全部、投入します。

全体に行き渡るようにかき混ぜてください。

8.煮立ったら・・・

キャベツを入れて蓋をします。

中火~弱火くらいで、5分ほど煮てくださいね。

9.煮込んだら、塩コショウで味を整えます。

そして、とろけるチーズを入れます。

チーズが溶けるまで蓋をします。

山本ゆりさんのレシピだとピザ用チーズなので、火を止めて蓋をしたまま余熱で溶かしています。

今回は四角いとろけるチーズを使ったので、チーズが溶けるまで蓋をしてしばらく弱火で煮込みました。

一旦、冷ますとより美味しくなるので、チーズは食べる直前の、温め直すときに入れてください。

いい感じにチーズが溶けたら完成です。

チーズが入るとオシャレ感が増しますね。

器に盛ったら、お好みでドライパセリを振りかけます。

美味しそうに出来上がりました!

山本ゆりのトマト缶と鶏肉の鍋はチーズの相性が抜群すぎる

手順的には、チキンのトマト煮込みと同じような感じですね。

山本ゆりさんのレシピでは、たっぷり2人分となってましたが、これ軽く4人分くらいはあります(^▽^;)

今回は器に盛りましたが、食卓の真ん中に鍋ごと置いて、とろ火で煮ながら、みんなで囲んでワイワイ食べてもいいなと思いました。

また、お肉と野菜がたくさん食べられるのも、おすすめポイントです。

山本ゆりさんの場合は、超熟フォカッチャを温めて添えています。(いわゆる、大人の事情です)

そんなオシャレなモノがないので、普通のレーズンロールパンと一緒に食べました。やっぱりご飯より、パンが合うかな~と思います。

うちの主人は普通に白飯と食べてました。チーズを後から足して足して、鶏肉と絡めて「美味しい!」と何回もおかわりしてましたよ。

7枚入チーズが、あっという間に無くなっちゃいましたが、やっぱりトマトとチーズは合いますよね。

山本ゆりのトマト缶と鶏肉の鍋まとめ

本日は山本ゆりさんレシピのとろ~りチーズのトマト鍋の作り方をご紹介しました。

トマト缶と鶏肉を煮込む簡単な鍋ですが、普段のご飯でも、ちょっとしたパーティーメニューにもピッタリの一品です。

リコピンも豊富に摂れて、体も暖まるイチ押しメニューになりました。仕上げに使うチーズとの相性が絶妙です。

市販のトマト鍋も良いですが、トマト缶を使って、山本ゆりさんレシピで作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました