山本ゆりの生姜焼きアレンジ丼の作り方!余計な手間なしでおいしい♪

料理
スポンサーリンク

山本ゆりの生姜焼きアレンジ丼の作り方

揉み込んで炒めて乗っけるだけの簡単な調理ですよ。

1.豚肉をお好みの大きさに切ってください。

今回、豚ロースを使いますが、ガッツリ感が出るようにそのままの大きさで調理してみました。

ポリ袋に、豚肉と◎の調味料(酒、にんにくチューブ、しょうがチューブ)を入れます。

そして、揉み込みます。

ボウルなどで下味を付けてももちろん大丈夫です。洗い物を出したくないので、今回はポリ袋を使いました。

2.よく揉み込んだら、小麦粉を適量入れて馴染ませます。

3.フライパンに油をしき、豚肉を炒めます。

玉ねぎもしっかり火を通したいので、早めに投入しました。

4.豚肉に火が通って色が変わったら、※の調味料(醤油、砂糖、みりん、酒)を合わせて入れます。

調味料が馴染むように、しばらく炒めたら生姜焼きの出来上がりです。

5.器にご飯を盛り、その上に炒めた豚肉を乗せます。

豚肉の上に温玉と、小ネギ、ゴマをお好みで振りかけてくださいね。

これで、温玉乗せ豚のネギゴマ生姜焼き丼の完成です♪いつもの生姜焼きとは別モノですよね。

一目で「美味しそ~!」ってなるやつです。

温玉を崩しながら(なんならぐちゃぐちゃに混ぜても最高かも?)食べるとより美味しさ増し増しですね(o^_^o)

山本ゆりの生姜焼きアレンジ丼の感想

山本ゆりさんレシピの温玉乗せ豚のネギゴマ生姜焼き丼を作ってみて思ったのは、普通に生姜焼きを作るより、丼にした方が手間がかからないです。

普通の生姜焼きだと、肉焼くだけじゃ出せないですもんね。

我が家の生姜焼きは、玉ねぎとか人参とかピーマンをお肉と一緒に炒めたり、横にキャベツの千切りを添えたり・・・、やっぱり余計な手間がかかってしまいます。

本日の晩ご飯は、生姜焼き丼とほうれん草のポパイサラダとお味噌汁です。

主人には、パッと見、「牛丼?」と聞かれてしまいましたが(笑)

食べても「生姜焼きなんだ~」とはならず、豚丼的な全く別メニューとして、「美味しい!」と喜んで食べてくれました♪

うちの子は、まだお肉を飲み込めないんですが、タレと温玉だけでも十分てくらい、モリモリ食べてましたよ。

まとめ

今回は、山本ゆりさんの生姜焼きを使ったアレンジ丼の作り方をご紹介しました。

温玉乗せ豚のネギゴマ生姜焼き丼は、定番の生姜焼きより簡単で、白ご飯がススム一品です。

ネギやゴマは無くてもいいですが、彩りにあると、また一層、食欲そそる丼になりますよ。

ちょっとしたアレンジで、料理ってイメージも味も変わるので、ぜひ作ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました