松田亘哲は中学や高校はどこ出身?トレーニングメニューも紹介!

スポーツ

2019年のドラフトで指名されそうな選手の中で異色といえば、松田亘哲投手でしょう。彼は東京六大学など野球で有名な大学ではなく、国立の名古屋大学野球部員です。

そんな松田投手がドラフトで注目されていると聞いて、彼のプロフィールが気になりました。そこで、中学や高校はどこの出身なのか、まとめました。また、プロのスカウトから目をつけられるようになるまで成長した理由の参考になるであろうトレーニングメニューもご紹介します。

スポンサーリンク

松田亘哲は中学や高校はどこ出身?

現在、名古屋大学経済学部4年生の松田亘哲投手は下記のような経歴です。

  • 岩倉市立岩倉北小学校
  • 岩倉市立岩倉中学校
  • 愛知県立江南高校

江南高校は愛知県内で野球の有名校ではありません。っていうか、それ以前の話で、松田投手は高校時代、バレー部だったのです。

ちなみに、松田亘哲投手は、(まつだひろあき)と読みます。友人か知り合いにいなければ、ひろあきとは読めないですね。私は、まったくわかりませんでした。

松田亘哲が異色として注目される理由

もちろん、投手としての実力や実績がなければプロ野球のスカウトは注目しません。そして、ドラフト上位じゃないと、話題になることも少ないです。

それでは、なぜ、松田亘哲投手が注目されているのか?

小学、中学時代

小学校1年から野球を始めています。そして、ピッチャーをやっていました。

そして、中学時代は小牧ジュニアハイスクールベースボールクラブに所属しています。このクラブは軟式野球です。

つまり、小さいころから硬式野球でバリバリやっていたわけではありません。また、外野手としての出場が多かったのです。

高校時代

そんな経緯もあって、江南高校ではバレー部に入部します。身長が高くない人が多くやるリベロとしてプレーしました。

ここまでの経緯からもわかるように硬式野球も高校野球も経験していないのです。そんな松田投手が今では、ドラフトで指名されるのではというところまできました。

名古屋大学時代

高校時代、バレーボールを楽しんでいたけれど、野球が大好きで、もう一度、チャレンジしたくなって名古屋大学に入学してから硬式野球部に入部しています。

江南高校時代に身長は175cmまで伸びていました。けれども、体重は62kgと細身だったです。そんな状況から工夫と努力で、周りが認めるような投手になりました。

異色の経歴から注目されているのです。さらに、松田亘哲投手がドラフト指名されたら名古屋大学では初めての選手となります。そもそも、国立大学出身のプロ野球選手も少ないですけどね。

実は、過去に七原優介投手がドラフト指名される可能性がありました。ところが、七原投手はプロ志望届を提出しなかったのです。大学卒業後はトヨタ自動車に入部しました。しかしながら、故障もあって2017年で引退しています。

今回、松田投手が指名されることを大学関係者は楽しみにしていることでしょうね。

黒縁メガネのサウスポー

名古屋大 松田亘哲(まつだひろあき)

話題になっているのは、経歴だけではありません。松田投手の風貌にも特徴があります。

アニメ化もされた野球漫画『グラゼニ』の主人公・凡田夏之介にそっくりのメガネをかけたサウスポーなんです。そんな漫画の世界から飛び出したような投手が出てきたら、活躍するのを期待しちゃいますよね。

おそらく、松田投手も下位指名でしょう。グラゼニの凡打投手も高校生ドラフトの最下位という設定です。下位からがんばる姿って、想像しただけでもワクワクします。

また、高校野球ファンにとって記憶に残る投手として、あのダルビッシュ有投手と一緒に東北高校を準優勝に導いた真壁賢守さんがいます。トレードマークの眼鏡から「ネガネッシュ」と呼ばれていました。

黒縁メガネの松田投手には、どんな愛称がつくのか、楽しみです。

松田亘哲のトレーニングメニュー紹介

高校時代に野球をやっていなかった分、素直にチャレンジすることで成長してきました。その結果、名古屋大学野球部に入部したころは120km/hだった球速が148km/hに進化しています。

松田投手は頭脳派投手らしく、スマホに野球メモを取っているんです。そんな彼のスマホに表示されていたトレーニングメニューを紹介します。

【脚トレ】
スクワット130kg×8×3
ブルガリアンスクワット12kg両手×8×2×2
四股踏み10×3
すり足25kg×2
【ダッシュ】
90m×2
30m×3
【体感トレ】
ドラゴンフラッグ10×1
ツイスト30×1

ピッチャーだけに下半身のトレーニングが多い印象を持ちました。四股踏みやすり足といった相撲で取り入れられている方法もやっていて、面白いですね。

さらに、1日6食の食事トレーニングをすることで、体重62kgから80kgに増やすことに成功しました。

そんな努力家で野球少年のような松田投手にドラフト当日、吉報が届くことを期待しています。さて、どこの球団が指名してくるのでしょうか。

松田亘哲のドラフト結果

10月17日に行われたドラフト会議で、地元の中日ドラゴンズから育成1位で指名されました。

当日、なかなか指名されなかったので、実質、大学から硬式野球を始めたという理由から育成かなと。予感は的中して、12球団の指名選択が終了してしまいます。

こうなると、どこが育成で指名してくるのかと見守っていると、指名順位が3番目のドラゴンズから指名されました。その瞬間の映像を見ましたが、松田投手本人は待ちつかれたのか・・・小さい反応でしたが、周りの喜びようが凄かったですね。

その反面、3球団から1位指名された石川昂弥選手がドラゴンズの与田監督によって抽選で選ばれたのを見て、メチャメチャ喜んで拍手していました。この姿をみて、彼の人柄の良さがにじみ出ていて、応援する人が増えたでしょうね。

プロ野球から指名されたとはいえ、ここからが勝負です。育成というのは実力の世界ですから関係ありません。名大から硬式野球を始めた松田投手なら地道に努力して、活躍してくれると信じています。がんばって欲しいです。

松田亘哲が名古屋大学硬式野球部に置き土産

松田投手が所属する名大野球部は3部でした。育成指名とはいえ、地方の大学リーグで3部のチームからですから、スゴイですよね。

そんな名大野球部が、2部3部リーグ入れ替え戦で名古屋経済大学と戦い、2勝1敗と勝ち越しました。この結果、名古屋大学硬式野球部は2部に昇格です。

もちろん、松田投手も2部昇格に貢献しています。第1戦は完封。そして、第3戦は味方のエラーなどもあって6失点しましたが、完投勝ちしました。今回、投げた18イニングは自責点ゼロです。プロの指導を受けて、さらに成長してもらいましょう。

後輩たちに置き土産もできたし、胸を張って、ドラゴンズに入団できますね。

まとめ

2019年のドラフト指名が予想されている名古屋大学の松田亘哲投手のプロフィールをまとめました。高校時代はバレー部だと聞いて、ビックリです。そして、硬式野球は大学からという異色の経歴ですから、プロに入ったら注目されるでしょう。

好きな芸能人が日向坂48の渡邉美穂さんらしいので、活躍して会えるようになればいいですね。黒縁メガネで、笑顔もさわやかですから、多くのファンから人気が出そうだし、野球少年の希望にもなるから、期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました