伊勢神宮内宮を参拝しておかげ横丁でランチを楽しんできた!

レジャー

11月に伊勢へ旅行に行って、初日に伊勢神宮の外宮、2日目に内宮へ参拝してきました。はじめての参拝だったので、いろんな経験ができて良かったです。今回は伊勢神宮の外宮やおかげ横丁、おはらい町の体験談をまとめてあります。

伊勢神宮の内宮に参拝する方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

伊勢神宮内宮の駐車場情報!

宿泊したTAOYA志摩から前日の伊勢志摩スカイラインとは別ルートになる一般道で伊勢神宮内宮に向かいました。途中、バイパスのようなきれいな道路があったので、快適に走れます。景色を重視しなければ、一般道の方が楽ですね。

宿泊先のTAOYA志摩に泊まった感想は、こちらにまとめました。伊勢で泊まるところを探している方は参考にしてくださいね。
TAOYA志摩の旅行記!バイキング料理や部屋の眺めが最高でした♪

伊勢神宮内宮に近づくと、すでに近い駐車場は満車のアナウンスがありました。くるくる駐車場を探すのも面倒でしたので、一番はじめに目についたところに止めることにします。どこに車を止めたのか忘れないように写真を撮りました。私が駐車したのはB1駐車場です。

伊勢神宮内宮の駐車場は無料になるのは1時間まで

伊勢神宮外宮は無料駐車場がありました。内宮は写真のように最初の1時間までが無料です。1時間をこえると、時間によって料金が変わるシステムになっています。

80代の母の歩行スピードとのんびり散策してきたので、4時間ちかくかかり、駐車場料金は900円でした。すぐ近くに駐車できれば無料でも済むでしょうけど、普通なら、だいたい500円から700円くらいではないでしょうか。

駐車場の近くに、キレイなトイレがあります。そこで、一旦、休憩がてら寄りました。

伊勢神宮内宮のハート石

実際に伊勢神宮内宮へ行ってみて、私が駐車したB1駐車場は遠い位置にあることがわかりました。だけど、結果的に良かったこともあります。

それは、ハート石が見られたことです。

こちらが近道だとアナウンスがあった「内宮おかげ参道」を降りて行きました。写真のようにスロープがあるので、車いすやベビーカーも通り抜け可能です。

写真のようにスロープがあるので、車いすやベビーカーも通り抜け可能です。

絵巻物のような屏風が目を楽しませてくれます。今から伊勢神宮に行くんだと、テンションを上げてくれるような感じです。

駐車場側から降りて行って、伊勢神宮内宮側に上がっていく階段の左手にハート石があります。気づかずに歩いて行ってしまいそうなので、注意してくださいね。

ハートに強いこだわりはありませんが、「隠れミッキー」を見つけたときのように、素直にうれしかったです。職人さんが上手にハートの石を作ってくれたかと思うと、何だか、ほっこりしますね。

伊勢神宮内宮のおはらい町通りの赤福本店

伊勢神宮内宮まで約1kmとありましたが、おはらい町通りは風情のある建物が両側に並んでいて、歩いていても楽しいです。この日は、他に予定もないので、のんびりと歩きました。

途中に赤福本店があり、よくテレビで見かける「朔日餅」を買う人が並ぶ橋もあります。思わず、パシャリとしました。一度は、「朔日餅」を食べてみたいです。ただ、早朝に並ぶのは大変なので、いつになるのかわかりません。

赤福本店は、風情のある建物で、見られて良かったです。

伊勢神宮内宮の見どころや楽しみ方

いよいよ、宇治橋鳥居が見えてきました。伊勢神宮内宮は、どんなところなのか。一礼して、入りました。

宇治橋は右側通行になっています。

宇治橋の真ん中あたりから見る五十鈴川。伊勢神宮の紅葉は、まだまだでした。見ごろの季節になると、ステキなんでしょうね。

宇治橋の向こう側にも鳥居があります。

この鳥居をくぐって、右に曲がります。

外宮と同じように、伊勢神宮内宮にも菊が展示してありました。

丹精込めて育てられた菊が、ホント見事に咲いています。こんな風に形作るなんて、スゴイですね。

皇大神宮の地図です。

日除橋を渡ります。

手水舎があるので、手と口を清めました。

手水舎の先にあるのが第一鳥居です。清める場所が直前にあることからわかるように、この第一鳥居が正式な入口になります。一礼して鳥居をくぐりましょう。

第一鳥居をくぐって、右手に五十鈴川御手洗場があります。すんだ清流を見ていると、心が洗われるようでした。

そして、第二鳥居をくぐると内宮神楽殿が見えてきます。

神楽殿を左手に見ながら、どんどん先に進むと、正宮(しょうぐう)があるので、参拝しました。正宮には「天照大御神」がご鎮座しています。

階段の手前までしか撮影は許可されていないので、気をつけてくださいね。

正宮を右手に見ながら進んでいくと、荒祭宮(あらまつりのみや)があるので参拝。

道なりに進んでくると、神楽殿に戻ってきます。

神楽殿の反対側に道があって、その先に風日祈宮があります。こちらに行かれる方は少なかったです。鳥居をくぐって、風日祈宮橋を渡ります。

どんどん先に進むと、風日祈宮(かぜひのみのみや)があるので、参拝。人が少ないせいか、静寂が心地よかったです。

風日祈宮橋から写真を撮りましたが、やはり、紅葉はまだまだって感じでした。

神楽殿を右手に見ながら進むと、日除橋があるので、渡りました。

渡ったところに、御厩があります。神馬がいましたが、なかなか、こちらを向いてくれなかったです。

さらに奥へウ進んでいって、子安神社(こやすじんじゃ)と大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)で参拝。

宇治橋に戻ってきました。伊勢神宮内宮の所要時間は、約1時間でした。

帰りの宇治橋では、欄干の擬宝珠をさわってパワーをもらいます。最後から2本目ですが、多くの方がさわっているので、わかりやすかったです。

おはらい町で食べ歩き

おはらい町には、あわび串やおとうふソフト、たこ棒などテイクアウトできる食べ物屋がたくさんあります。もちろん、お土産屋もあるので、気になったらのぞいてみてください。

おはらい町のスヌーピー茶屋

今回は立ち寄りませんでしたが、スヌーピー茶屋が気になりました。

スヌーピーが好きな方なら、こんな感じでキャラクターがいたので写真を撮って、インスタにあげたくなるでしょうね。

おはらい町のプリン

プリントーストやプリンソフトで有名な「伊勢プリンの鉄人」。ちょうど、お昼だったので、普通に食事がしたかったので、我慢しました。

でも、ちょっとだけならとなめらかプリンを買っちゃいました。とろけるような感じで、美味しかったです。歩いた疲労感には甘い食べ物が合いますね。

食べたあとは記念に持っていこうとしましたが、重いので諦めました。お店の前にガラス容器を回収する箱があったので、置くことができます。

おかげ横丁でランチ

赤福本店の前にあるおかげ横丁に入ることにしました。

レトロな感じでいい雰囲気です。

のんびりとした感じが気に入りました。ゴミ箱も周りに合わせてあって、グッジョブ!

おかげ横丁の海老丸

ちょうど、お昼時だったので混雑しているように見えました。伊勢に来たので海鮮が食べたいと思い、海老丸にチャレンジしたところ、運良く、入ることができたんです。

本日の海鮮丼とまぐろのてこね寿しを注文します。

本日の海鮮丼は、ネギトロ、エビ、イカ、シラス、イクラなど、たくさんの海鮮が乗っていて、満足しました。

まぐろのてこね寿しもたっぷり乗っていました。海老丸の看板メニューだけあって、美味しい。

おはらい町の屋根

おはらい町は建物を見ているだけでも飽きません。店ばかり見ていないで、屋根にも目を向けてみてください。

これは、3匹の猿です。意外な発見がおもしろい。

初日に参拝した伊勢神宮外宮については、こちらにまとめてあります。
伊勢旅行へ一泊二日の体験記!伊勢神宮外宮の駐車場やランチ情報

まとめ

伊勢へ旅行に行って、2日目に訪れた伊勢神宮内宮とおかげ横丁、おはらい町をご紹介しました。伊勢神宮の参拝は、はじめてだったので、貴重な時間がすごせてよかったです。天気も良かったですし、厳かな雰囲気も味わえました。

ほとんど、紅葉していなかったことが唯一、残念です。まぁ、紅葉の見ごろは、さらに混雑するかもしれませんが。

おかげ横丁やおはらい町も、それだけでも楽しめますね。次回は、ゆっくりと色んな食べ物を食べ歩きしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました