恐竜を折り紙で簡単に子どもができる折り方!かわいいから大人気♪

手作り
スポンサーリンク

恐竜を折り紙で簡単に子どもと作る手順

1.折り紙を画像のように置きます。

2.三角に折ります。

3.開いて、折り目に合わせて上下ともに折ります。

4.左の角を右の角に合わせて折ります。

5.上下の出っ張った部分を、上にある三角に添わせるように折ります。

6.上の三角を開きます。

7.画像のように開いて・・・

8.親指のところに折り目が出来ているので引き出し、三角形にします。

9.余った部分を立てて三角形に折ります。

10.立てていた三角形を内側に倒します。

11.同じように反対側も折ってください。

12.右側の三角形を内側に折ります。

13.山折りにします。

14.こんな状態になりました。

ここまでの工程をもう一枚、同じように作ってください。

15.手順14まで折ったものを1枚つかって、首から顔の部分を折っていきます。

上に折ります。

16.開きます。しっかり折り目を付けておいてくださいね。

17.半分に折ります。

18.この部分を立てて・・・

19.画像のように畳みます。

20.こんな感じになりました。

21.顔の部分です。少し折ります。

22.開いて・・・

23.内側から指で押しながら折っていきます。

24.鶴の顔を折るときの要領です。

25.画像のような、2つのパーツが出来ましたか?

それでは、合体しまーす!

26.頭側のパーツに入れ込みます。

下の方を広げて・・・

27.足側のパーツをポケットの中に入れ込みます。(画像では、わかりづらいですが、頭が後ろに隠れています)

28.最後まで入れ込みました。

29.上から見て、この部分を内側に少し折ります。

30.両サイド折りました。

31.先ほど折ったところにノリを付け、内側に貼り付けます。

こんな感じになりました。

32.完成です!

折り紙恐竜の子供の反応

いかがでしたか?

折り紙を2枚つかうので工程は多いですが、細かい作業はなく、作りやすそうでしょう(^^)/

息子に見せると最初は「・・・」なんじゃこりゃ?といった感じでした。

しばらくすると、「アヒルさん!」←多分、黄色だから・・・

「可愛すぎて恐竜に見えぬかぁ~」と思い、顔をカキカキ。

控えめだけど。

すると息子、「ガオー」と恐らく理解したようで・・・。

しかし、もちろん怖がることはなく、つついたり振り回したりして遊んでいました。

これで恐竜さんを克服したのかは分かりませんが、嬉しそうなので良しとしましょう♪

まとめ

今回は、折り紙を使った恐竜の簡単な折り方をご紹介しました。

恐竜の折り紙は、手の込んだ作り方もありますが、子どもと一緒に折ることができるタイプです。ハサミを使う手順もありません。

折り紙のかわいい恐竜をお子さんと作って楽しく遊んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました