ミュースカイに自由席はあるの?車両や料金を詳しく解説!

レジャー

中部国際空港セントレアへ電車で直接行く方法は名鉄電車を使うしかありません。特に便利なのが特別車両のミュースカイで行くことです。旅行に行くときは、いつも使っていますが、とても快適ですし、早く到着しますし、言うことありません。

今回は、そんな便利なミュースカイの自由席のあるなしや車両や料金の情報を詳しくまとめました。初めて、セントレアに行かれる方に役立つ内容だから、ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ミュースカイに自由席はあるの?

残念ですが、ミュースカイに自由席はありません。 全席指定になっています。

「ミュースカイ」とは名鉄電車の特別車両のことです。名古屋駅からだと中部国際空港セントレアまで28分で到着します。そういう特別な車両なので、「ミューチケット」と呼ばれる特別車両券が必要なんです。

そして、ミューチケットは名鉄の駅やサービスセンターなどで座席を指定して購入できます。つまり、座席指定のあるチケットだと考えてください。

急いでいたりしてミューチケットを買わずにミュースカイに乗った場合、車内でも購入可能です。ただし、注意していただきたいのは、車内でミューチケットを買った場合は、座席指定できません。

かなり理不尽なルールだと思いますが、座席指定で、ゆっくり中部国際空港に行きたい場合は、必ずミュースカイに乗車する前にミューチケットを購入しましょう。全席指定になっています。残念ですが、ミュースカイに自由席はありません。

「ミュースカイ」とは名鉄電車の特別車両のことです。名古屋駅からだと中部国際空港セントレアまで28分で到着します。そういう特別な車両なので、「ミューチケット」と呼ばれる特別車両券が必要なんです。

そして、ミューチケットは名鉄の駅やサービスセンターなどで座席を指定して購入できます。つまり、座席指定のあるチケットだと考えてください。

急いでいたりしてミューチケットを買わずにミュースカイに乗った場合、車内でも購入可能です。ただし、注意していただきたいのは、車内でミューチケットを買った場合は、座席指定できません。

かなり理不尽なルールだと思いますが、座席指定で、ゆっくり中部国際空港に行きたい場合は、必ずミュースカイに乗車する前にミューチケットを購入しましょう。

ミューチケットを車内で購入した場合

じゃあ、車内でミューチケットを買ったときは、「ミュースカイで、どこに座ることができるか」というと、空いている席に座ることができます。要は、座席指定されていない席に座ることができるんです。

だけど、座っている時に、座席指定している人がきたら、席を譲る必要があります。このときは、残念ながら他の空いている座席に移動するか、満席の場合はデッキに行くしかないです。

名古屋駅から中部国際空港セントレアに向かった場合、【神宮前駅】以降は停車駅がありません。なので、神宮前駅をすぎたら、乗ってくるお客はいませんから、安心してセントレアまで座れますよ。

ミュースカイに乗車するときに必要なミューチケットの購入方法をこちらにまとめました。参考にしてくださいね。
ミュースカイの買い方 当日や事前購入で知らないと損する方法!

ミュースカイに自由席がある車両とは?

ミュースカイは青を基調とした特別車両です。すでに書きましたが、ミュースカイには自由席はありません。

ここで、勘違いしやすい車両があります。「特急」や「快速特急」は一部特別車と呼ばれていて、進行方向の前2両が特別車になっているのです。その特別車に乗る場合は、ミューチケット(特別車両券)が必要になります。

一方、その後ろの4両ないし6両は一般車両になるため、乗車券のみで乗れます。そして、自由席ですから、どこに座ってもOKです。ただし、乗客が多ければ、必ずしも座れるとは限りませんから注意してください。

この一部特別車は赤を基調としたデザインになっています。こちらの「特急」や「快速特急」はミュースカイとは呼びません。あくまでも、青を基調としたデザインでミューチケットが必要な車両がミュースカイです。

ミュースカイに自由席があると勘違いしている人は、この一部特別車と混同しているのかもしれませんね。まぁ、名鉄電車に乗り慣れていない方には、わかりにくい話です。「車両の色が違う」と言われても、興味のない人には意外と気づきません。

もし、わからない場合は名鉄の職員に気軽に質問しましょう。乗り間違えたりしたら、楽しい旅行が台無しになってしまいますから。

ミュースカイの料金

ミュースカイは、乗車駅から中部国際空港行の運賃とミューチケットが必要です。ミューチケットは、どこの駅からでも一律で料金は360円になっています。(2019年9月現在)

私はセントレアに行くときは、毎回、ミュースカイを利用してきました。のんびり座席指定で行くことができますし、スーツケースを置くスペースもあるからです。その快適さを考えるとミューチケット360円を払うことに、特に不満はありませんね。

まる乗り1DAYフリーきっぷでミュースカイに乗れる?

まる乗り1DAYフリーきっぷとは、名鉄電車全線に一日中フリーで乗車できる切符のことです。まる乗り1DAYフリーきっぷを持っていれば、特別車にも乗れます。だから、ミュースカイにもミューチケットなしで乗車可能です。

ただし、時間が決まっています。朝晩のラッシュ時を避けた時間帯である午前10時から午後4時までです。この時間帯は、ミュースカイも混んでいない可能性が高いから、座席に座れるでしょう。

注意点は、ミュースカイに乗れるけど座席の指定はできません。したがって、乗車してからミューチケットを購入する場合と同じで、座席指定されている場合は、そのお客さんに席を譲る必要があります。

まる乗り1DAYフリーきっぷを使えば、インスタ映えがすると話題になって人気が高まった犬山城周辺や明治村に午前中、遊びに行って、昼からセントレアやFLIGHT OF DREAMS(フライト オブ ドリームズ)を周るなんてコースも楽しめますね。

または、知多半島を中心に遊ぶのも名鉄電車に乗り放題ですから、面白そう。やっぱり、名古屋駅~セントレア間が28分というアクセスは魅力的です。時間指定があることだけ、気をつけてくださいね。

まとめ

中部国際空港セントレアへ行くのに便利なミュースカイの自由席のあるなしや車両や料金の情報を紹介しました。

ミュースカイは特別車両なので自由席はありません。すべて座席指定の電車になりますから、気をつけてください。特に、車内で特別車両券(ミューチケット)を購入した場合は、座席指定できないから注意が必要です。

また、青を基調としたミュースカイ以外にも赤を基調とした一部特別車があります。一部特別車は先頭から2両目まではミューチケットが必要になり、全席指定です。残りの車両は乗車券のみで乗れますが、混同しないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました