降水量1mmとはどれくらいの雨か知ってる?傘の必要性やレジャーの楽しみ方も紹介

生活

あなたは、外出前に天気予報をチェックする習慣はありますか?

天気予報が雨だと、テンション下がりますよね。特に、楽しみにしていた旅行やイベントの日が雨だと、失望感は避けられないかもしれません。

ですが、雨が予報されたからといって、すぐに予定を変更する必要はないかもしれません。

実際の降水量をチェックすることが重要です。その量によっては、元の計画を楽しむことができる場合もあります。

「降水量」と聞いて、あなたはどの程度の量を思い浮かべますか?

天気予報でよく見る「1mmの降水量」という表現、実際に、どのくらいの雨かを正確に把握している人は少ないかもしれません。

多くの人は、1mmと聞くと軽い雨を想像するでしょう。

しかし、1mmの降水量があった場合、どのような影響が出るのでしょうか?

今回は、傘は必要か、イベントへの影響はどうなるかなど、1mmの降水量が実際に意味するところを詳しく紹介します。

降水量1mmとはどれくらいの雨?

1mmの降水量の意味について解説します。

降水量は、ある場所に降った雨の量を示す指標で、「1時間に1mmの降水量」というのは気象情報で頻繁に用いられる表現です。

この場合、1mmの降水量は、1時間に測定された雨水が1mmの高さに達した状態を指します。

気象機関では、1mm未満の降水量も正確に扱われるため、実際には1時間に1.0mmから1.9mmの雨が降ったことが示されています。

降水量1mmの測り方

降水量の測定に用いられるのは、転倒式雨量計という器具で、直径20cmの容器で雨水を集め、測定します。転倒式雨量計は0.5mm単位で雨量を測定し、そのデータは気象庁によって0.5mmごとに記録されます。

日本では約1,300箇所にアメダス(自動気象データ収集システム)が設置されており、降水量のほかに気温や風速なども同時に測定されています。

個人でもインターネットを通じて転倒式雨量計を購入し、自宅で降水量を測定することが可能です。

降水量1mmの時、傘は持って行くべきか?

1mmの降水量が予報された場合、傘を持って出かけることをおすすめします。

朝から雨が降っていなくても、予測されている降水量が1mmであれば、折り畳み傘を持参すると安心です。

1mmの雨では細かな雨粒が降るため、外出が長引くと衣類が濡れるリスクがあります。しかし、短時間の外出であれば、傘なしでも大丈夫なことが多いです。

例えば、1分程度の短い距離なら、傘をささずに済ませることも可能です。

しかし、降水量1mmと天気予報にあっても、実際には1mmから1.9mmの間の雨が降る可能性があります。

降水量が1.9mmに達すると、実質的にはほぼ2mmの雨と同様になり、多くの人が傘を使用する状況になります。

そのため、1mmの降水量が予報された日は、念のために傘を携帯することを推奨します。大きめの折りたたみ傘を持っていれば、さらに安心です。

降水量1mm予報の時のレジャー活動とその対処法

1mmの降水量では、傘を使わない方もいらっしゃるでしょう。

このような日に外出の予定がある場合、どのように対応すべきか迷うことがあります。

待ちに待ったイベントが雨に影響されるかもしれないと思うと、その対応に頭を悩ませる人も多いでしょう。

では、少しの雨の中でもレジャーやイベントをどのように楽しむことができるのか、見て行きましょう。

ディズニーランド・シーで楽しむことはできる?

意外に思われるかもしれませんが、ディズニーランド・シーは少しの雨が降っても十分に楽しむことが可能です!

もちろん、屋外のアトラクションや屋台は一時的に休止することがありますが、屋内の施設やレストランは雨の影響を受けずに利用できます。

実は、雨の日は訪れる人が少なくなるため、晴れの日と比べて待ち時間が短くなることがあります。

ディズニーランドでは、通常のパレードや花火が雨で中止になることがありますが、雨の日限定で特別なパレードが行われることもあります。

風が強いか大雨の場合は中止になることもありますが、1mm程度の雨であれば開催されることが多いです。

さらに、ディズニーランドのジャングルカーニバルやディズニーシーのアブーズ・バザールでは、雨の日限定の記念グッズが用意されています。

ただし、雨の中で長時間を過ごすことになるかもしれませんので、雨具や防寒対策をしっかり行い、楽しい思い出を作ることが大切です。

ゴルフ

たとえ1mmの雨が降っても、ゴルフは楽しいものです。

少量の雨なら、特に雨具を用意する必要はなく、プレイを続けることができます。ただし、ボールの動きに少し影響が出ることがあります。

降水量が2~3mmであればプレイを続けることができますが、2mm以上の降水量になると傘が必要になる可能性が高くなります。

アウトドア活動

小雨が予報されている日にキャンプやハイキングを計画している場合、特に初心者は注意が必要です。

山の天気は変わりやすく、予想外に雨が強くなることもあります。

少量の雨であっても視界が悪くなり、地面が滑りやすくなるため、経験が浅い方は特に注意が必要です。

可能であれば、他の日にスケジュールを変更することを検討するのが良いでしょう。

ただし、雨の中の自然は独特の美しさを持っています。小雨の中では、雨音や湿った植物、霧に包まれた風景を楽しむことができるからです。

雨の日のアウトドア活動は、十分な準備をして、経験者と一緒に、以前、訪れたことのある安全な場所を選んで楽しむことをお勧めします。

運動会

年に1回の運動会が1mmの降雨で実施可能かどうかは、実際には雨の量よりもグラウンドの状態がより重要です。

前日からの雨でグラウンドがぬかるんでいる場合、たとえ1mmの雨でも運動会の実施が困難になることがあります。

運動会の最中に急に雨が降り始めた場合でも、1mm程度ならプログラムを短縮して続行されることが多いです。

ですが、グラウンドの状態が悪化したり、風が強く吹くと、安全を考慮して中断することもあります。運動会の実施は、雨量だけでなくグラウンドの状態や天気予報、予備日の有無などを考慮して決定されます。

まとめ

今回は降水量1mmとは、どれくらいの雨か、まとめました。

降水量1mmとは、1時間に1mm降る雨のことですが、1mmから1.9mmの幅があるため、意外と濡れる可能性があります。

ですから、折りたたみ傘を持って行った方が良いでしょう。

小雨が降る日のレジャー活動は前もって準備していけば、楽しむことができます。

アウトドアなどでは傘よりもレインコートの方がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました