お風呂の黒カビの取り方!簡単にパッキンが綺麗になったコツとは?

生活

お風呂は、いくら毎日、掃除していても、表面上は綺麗でも隅の方から徐々にカビが・・・。

ゴムパッキンのところなんかも出来やすくて、放っておいたらすぐ広がってきちゃうんですよね。根深いカビになると、いくら薬剤を駆使しても取れなくなってしまいます。

私も2年間も見て見ぬふりをしていたので、結構、全体に広がってきてしまいました。今回、重い腰を上げてお掃除することに・・・(細目にやれよって話ですが)

今回、退治するのは、まさにゴムの部分に広がったピンク垢と黒カビです。

実際にやってみて結果がでた黒カビの落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

お風呂の黒カビの取り方

今回、効果があった浴室の黒カビの落とし方はパックを使った方法です。

画像では分かりづらいのが残念ですが、結構、広がって重症であります(;’∀’)

この黒カビ、ピンク垢の時点で退治しておけば良かったのですが、放置していたので段々と黒カビになってしまいました。

気が向いたときにカビ取り洗剤を撒いていたのですが、それだけでは綺麗に取り切れません。そんな汚れに効くお掃除方法を実践してみました。

まずは準備するものから見ていきましょう。

お風呂の黒カビを落とすときに用意するもの

  • カビ取り洗剤(私はカビキラーを使いました)
  • ラップ
  • キッチンペーパー
  • ブラシ

ブラシは歯ブラシが一番、使いやすいですね。この時はなかったので、いつも使っているブラシを使いました。

まぁ、今回のやり方だとブラシの出番は、あまりありません。

薬剤に直接、触れることはありませんが、不安な方は手袋をしましょう。そして、換気は忘れずにしてください。お風呂で洗剤を使って掃除するときは、必ず換気扇を付けるのが鉄則ですね。

準備ができたら、さっそく、お掃除を開始しましょう。

お風呂の黒カビを簡単に落とす手順

1.この部分をお掃除します。

2.カビ取り洗剤を撒きます。

3.つぎに、キッチンペーパーを置きます。

4.さらに、上からカビ取り洗剤を撒きます。

5.つづてい、ラップをピッタリと付けます。

この状態で20分~30分、待ちましょう。

6.ラッピングパックを剥がしてみて、汚れが落ちているか確認します。

7.汚れが少し残っていたら、ブラシで軽くこすります。

8.最後に綺麗に水で流して・・・ピカピカになりました♪

お風呂の黒カビの取り方で気を付けるポイント

洗剤は一か所に一吹きで十分です。きっちりと泡で埋めなくても、パックをしたときに満遍なく行きわたるので心配いりません。

そして、置く時間は汚れ具合によって調整してください。少し剥がしてみて、まだ落ちてなかったら少しずつ置き時間を延長しましょう。

カビ取り洗剤を使うとき、今までは撒いて時間を置くだけだったのです。ですが、パックをするだけで、ここまで仕上がりに差が出るとは初めての時はビックリしました。

他の場所も全てピカピカに落ちましたよ。洗剤が浸透しているので、カビが出来にくくもなり一石二鳥です。

キッチンペーパーとラップを使ったパックは、ひと手間にはなりますが効果が絶大なので、一度、試してみてくださいね。

まとめ

今回は、お風呂の黒カビの取り方をご紹介しました。

黒カビを綺麗に落とすコツは、洗剤をまいてからのパックです。汚れ具合によってパックの時間は変わります。黒カビが落ちないようであれば、時間を長くしてみてください。

お風呂だけでなく、大抵のカビには、この方法が有効です。なかなか取れないと悩んでいる方は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました