掛け布団カバーの付け方の簡単な方法!楽だから洗濯回数が増えたよ♪

生活

名もなき家事や見えない家事が話題になったことがあります。意外と負担になっていることって多いですよね。

掛け布団カバーの取り外しや洗濯も気づかれにくいけど、誰かがやらなければ汚れたままになります。

実際、布団カバーを付けるのって、地味に面倒くさくないですか?

そんなプチストレスを解消できる掛け布団カバーの簡単な付け方をご紹介します。

少しでも家事が楽になるよう、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

掛け布団カバーの付け方の簡単な方法

掛け布団カバーを簡単に取り付けるために必要なのは場所の確保です。布団の面積分くらいの場所を使うので、広い場所で行ってくださいね。

ベッドの上や、敷き布団の上でやるのが、そのままセット出来るので楽ちんですよ(o^_^o)

また、ご紹介する方法なら結び忘れや、引っ張る場所が分からないなんてこともなくります。

それでは、掛け布団とカバーの準備ができたら、付け方をみていきましょう。

掛け布団カバーを簡単に付ける手順

1.掛け布団を広げて敷きます。

2.次に布団カバーを裏返して、掛け布団の上に同じように被せます。

布団カバーは必ず裏返してくださいね♪

ここで重要なポイントがあります。

チャック側についている紐は、掛け布団側にくるように重ねてください。

3.掛け布団と紐を全ヶ所、結びます。

4.すべての紐を結んだら、チャック側から手を中に入れて、掛け布団の四隅の角を片方ずつ引き出すように引っ張ります。

画像のように赤丸の角の部分をつかんで引っ張ってくださいね。

赤丸の部分が引っ張りだした部分です。

布団カバーの表側が出て、掛け布団が中に入っています。

5.反対側の角も同じように引っ張り出します。

なんだか分からない形になりましたが・・・、この時点で、掛け布団は布団カバーに全て収まっているので大丈夫です。

6.あとは形を整えて、ファスナーをしめれば出来上がりです。

この方法なら、簡単にあっという間に布団カバーが付けられますよね。

布団カバーの交換が簡単になるので小まめに洗濯可能

布団て業者にでも出さないと、なかなか洗濯なんて出来ないですよね。だからこそ、せめてカバーくらいは小まめに洗濯したいもの。

そのためには、布団カバーの取り外しが簡単じゃないとできませんよね。今回、ご紹介した方法なら簡単に掛け布団カバーを付けることができるようになります。

面倒な部分を少なくして、あとは洗濯機にまかせましょう。

家族に気持ち良く休んでもらうためにも、ちょっとしたアイデアを活用して布団カバーの交換だけでも楽をしてください。

まとめ

今回は、掛け布団カバーを簡単に付ける方法をご紹介しました。

家事は毎日、同じことの繰り返しです。だからこそ些細なことが面倒に感じたりするものですよね。

とっても簡単な方法なので、ストレス無くパパッと掛け布団カバーの洗濯を済ませてしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました