電話番号を個人検索で調べる方法!タウンページやハローページで調べられる?

生活

最近では、コミュニケーションコストを抑えたいと考える人々が多く、その結果、固定電話をほとんど使わない家庭が増えています。そのため、多くの世帯では自宅の固定電話番号を持たない傾向にあります。

しかし、緊急の際には固定電話が役立つことがありますが、その情報をどのようにして探せば良いのでしょうか?

最も簡単な方法はインターネットを利用することです。

現代ではスマートフォンやパソコンが広く普及しており、今回はインターネット上で電話帳を使って、ハローページなしで個人の電話番号を調べる方法について解説します。

たとえば、「長い間連絡していないが、電話番号がわからずに困っている」という場合でも、名前や住所さえ分かれば、オンラインで個人の電話番号を検索することができます。名前を入力するだけで、電話番号や住所の情報を提供する専用サイトもあります。

これらのサイトには無料と有料のものがあり、提供される情報の詳細度には違いがあります。この点についても詳しく説明していきます。

電話番号を個人検索で調べる方法!

個人の電話番号を調べる方法は色々あります。

タウンページやハローページで個人の電話番号を検索できる?

個人宅の電話番号をオンラインで検索する際、多くの人がタウンページやハローページを利用しようと考えるかもしれません。

しかし、タウンページは主に業種別の電話番号を掲載しており、個人の番号の検索には向いていません。このサービスは、NTT東日本とNTT西日本によって提供されています。

一方、個人宅の番号を検索したい場合はハローページを利用するのが一般的です。以前はNTTが「エンジェルライン」という名前で個人宅の番号検索サービスを提供していましたが、2011年にサービスが終了しました。

現在はハローページを基にした有料のオンラインサービスが主流で、無料でアクセスできるオプションも存在します。

ただし、重要なのはハローページ自体が2021年10月以降、順次発行終了となっている点です。これにより、ハローページを新たに入手する方法はNTTへの直接申し込みのみとなっています。この変更は、デジタル化が進む中での情報アクセス方法のシフトを反映しています。

ネットで個人の電話番号を調べる方法

オンラインで個人の電話番号を検索する際、特定のサービスが役立ちます。

ネットの電話帳-住所でポン!

たとえば、「ネットの電話帳-住所でポン!」というサービスがあります。

過去のハローページデータを基にして検索機能を提供しており、ユーザーは簡単に情報を見つけることができます。また、このサイトのアプリ版も存在し、2019年版までの情報にアクセス可能ですが、使用には月額料金が発生します。

検索エンジンを利用

さらに、GoogleやYahoo!などの一般的な検索エンジンを使用して電話番号を検索する方法もあります。

この場合、名前や地名に「電話番号」を追加して検索することで、情報を得ることができるかもしれません。ただし、一般的な名前や情報の不明確さから、多くの関連性のない結果が表示されることがあります。そのため、できるだけ詳細な住所を入力することが推奨されます。

もし上記の方法で見つからない場合は、NTTの番号案内サービス「104」を利用することも選択肢の一つです。これは一時的な検索にはコストパフォーマンスの良い方法です。

リアルでネットで個人の電話番号を調べる方法

電話番号を見つける方法には、インターネット以外にもいくつかの選択肢があります。

NTTの「104」番号案内サービス

例えば、NTTの「104」番号案内サービスを利用することができます。このサービスは有料で、通話ごとに料金がかかりますが、電話番号が確認できない場合には料金は発生しません。料金は通話事業者によって異なる場合があるので、利用前に確認が必要です。

図書館でハローページを利用

また、図書館でのハローページの利用も一つの方法です。多くの図書館では、地域のハローページを閲覧することが可能で、特定の図書館では全国の電話帳を確認できることもあります。ただし、これらは図書館内でのみ閲覧可能で、貸出しは行っていません。

ハローページを入手する

ハローページ自体の購入も選択肢としてあります。NTTの固定電話契約者は地域によっては無料で電話帳を受け取ることができますが、契約がない場合は有料で購入する必要があります。

また、インターネットを通じて購入することも可能です。購入費用としては、ハローページ1冊あたりの価格に加えて送料がかかります。

探偵に依頼

さらに、電話番号が公開されていない場合やハローページに載っていない場合には、探偵に調査を依頼することも一つの手段です。

探偵は名前やおおよその住所から電話番号を特定する調査を行うことがあり、固定電話の持ち主の詳細情報を逆調査することも可能です。このようなサービスは一般的には高額な料金がかかることが多いですが、必要に応じて利用することも考えられます。

まとめ

かつてはハローページを利用して名前や住所から個人宅の電話番号を検索する方法が一般的でした。けれども、現在は無料のオンラインサービスを試すことをおすすめします。

固定電話の利用が減少していることや、個人がプライバシーの理由でハローページに情報を掲載しないケースも増えているため、電話番号が見つからないこともあります。

そのため、GoogleやYahoo!などを利用した別のコミュニケーション手段を考慮することが有益です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました