トップページ  > よくある質問

よくある質問

運営について

どのような事業ですか?
けいはんな学研都市において、研究機関や製品開発型中小・ベンチャー企業等における「エコ・エネルギー」や「ICT」、「ライフサイエンス」分野等における優れた技術シーズ等の蓄積を幅広く関連分野の技術ニーズに結び付けることにより、その事業化を促進し、持続的な新事業創造・雇用創出の支援を行います。
コーディネータの役割は?
技術分野ごとに専門性の高い専任のコーディネータが担当します。ニーズ情報の選定からシーズ企業とのコーディネイトまでトータルに支援します。
参加するにあたって費用はどの程度かかりますか?
無料です。
利用するにはどのようにすればいいですか?
ニーズをお持ちの企業、シーズをお持ちの企業によってご利用の条件・手続きが変わります。それぞれのコーナーでご確認ください。

ニーズ企業編

利用するための条件はありますか?
日本国内に本社、あるいは支社、営業所、研究所等いずれかが設立されている企業・海外の日系企業が対象となります。
利用するにはどのようにすればいいですか?
当財団までお問い合わせください。ご利用についての手続きについてご説明いたします。
会社名は公表したくないのですが
会社名を非公開にして公募することも可能です。企業ごとの要望に合わせて柔軟に対応します。
技術ニーズはどの程度まで公表するのか?
できるだけ詳細な情報の公開が、効果的なマッチングにつながりますが企業が持つ事情に合わせて、公開する情報の内容は、打ち合わせのうえ決定します。
技術ニーズを明らかにすると、競合他社に自社の事業戦略や製品戦略を知られるのでは、という心配がある。
公開する情報については、担当のコーディネータと十分な打ち合わせを行い、ご納得いただいたうえで決定します。情報は、3段階にわけ、第1次情報(WEB公開)として、概括的なタイトル程度の情報、第2次情報(WEB公開・会員限定)として、技術ニーズの概要・シーズ企業が、検討することが可能な内容等を公開し、情報公開によるリスクに配慮します。第3次情報は、シーズ企業の選定・面談における検討資料とし、非公開とします。
提出した技術ニーズはどのように管理されますか?
ニーズ情報の取り扱いに当たっては、秘密保持契約の締結を行い適切に処理します。コーディネータと財団においても、同様の契約を締結したうえで、業務にあたります。
どのような形で、シーズ企業を探すのか?
ホームページでの公開募集、コーディネータの持つ人的ネットワークを活用して、シーズ企業を募集・推薦いたします。
技術ニーズの公表はインターネットのみで行われるのか?
企業を募集して、より詳細な説明会を実施することも可能です。説明会は、公開、非公開でおこなうこともできます。
シーズ企業の絞り込みや面談に時間がかかるのではないか?
専任コーディネータがシーズ企業の絞り込みや選定の支援を行います。また、ニーズ企業・シーズ企業との面談に立ち会い、双方の考えを翻訳し、成約に至るコーディネイトを行います。

シーズ企業編

利用するための条件はありますか?
京都府内に、本社、あるいは支社、営業所、研究所等の活動拠点をお持ちの製造業、IT企業が対象となります。
利用するにはどのようにすればいいですか?
当サイトより会員登録(無料)を行っていただければ、ご利用のためのID、パスワードを発行します。
どのような形で参加できますか?
技術ニーズに適合する技術をお持ちであれば、自社の持つ技術、提案についてエントリシートを提出していただきます。エントリーシートの内容を判断して、ニーズ企業との面談の可否を決定します。
エントリーシートを効果的に作成するにはどうすればいいか?
コーディネータに相談いただければ、エントリーシート作成のアドバイスをいたします。
ニーズ企業とコラボレーションしたいが、アイデアだけ盗まれないか、心配。
ニーズ企業との商談に当たっては、知財関連などの相談窓口をご用意してサポートします。
大企業と取引したことがなく、直接面談することに不安がある。
コーディネータが間に立ち、双方の意見を通訳し、面談をアドバイスいたします。

お問合わせは

公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構

TEL
0774-98-2230
FAX
0774-98-2202
MAIL
open-inv@kri.or.jp